前回の講座で作った実験器がこれ
KIMG2573
今回は光の三原色実験 まず光の組み合わせによっていろいろな色ができることを目で楽しんでもらった。 用意した実験器は
IMG_8009
右のリモコンを押すと自由にいろいろな色を楽しめます。
リモコン左の列は 赤から始まって黄色に変化させる場合
次の列は緑から始まって青に変化させる場合
次は青から始まって紫に変化する場合
それぞれ用意したハッピーメガネ(回折格子メガネ)で微妙な色の変化をスペクトルで観察します。 IMG_8011

IMG_8012
子どもたちには感動的なシーンです。
リモコン最右のボタンにはフラッシュ、フェイド、ストロボ、スムースのボタンがあって
それぞれ光の競演です。
同様の実験を自分たちで作った実験器でも行いました。 IMG_8013
メガネの中央の色は直接目で見た色で、
その周りに飛び散ってる色は真ん中の色を作っている光の色です。
赤の色は絶えず一番外側にいることや赤の色がなくなったり、
量が変化したりするところに観察眼が注がれるように注意を促します。
最後はアルディーノで光の三原色を自動的に変化させていろいろな色ができていくことをみせて、
IMG_8008

テレビやパソコンの画面の色はたったの三色ですべてつくられてることを確認しました。
「これを光の三原色といいます」
追加で 白色になってる場合のRGBの抵抗値を調べてみました。
それぞれ
IMG_8016
約400Ω、190Ω、110Ωでした。
30分 トランジスター入門講座で取り上げた回路がマルチバイブレータ回路です。
説明は後日にしてまず 部品の確認
IMG_7936

部品の装着
IMG_7997
基板裏側の部品確認
IMG_7998
ハンダの始まり 基板に部品を行儀よくハンダ付けする工夫や
部品の足をどのように処理するのかを説明してから始めました。
子どもたちは三回目のハンダ作業でみな楽しくなって
「たのしいよ、時間来てるけどもっとやらしてよ」 と元気な声。
次回は裏の配線になります。
40分